人生が不安で仕方がない方に向けた対処法8選!

コトビト(@cotobito11)です。

今回は、人生が不安で仕方ない方に向けて、その対処法を詳しく記載していきます。

人生に躓きを感じ、不安が募っている読者は、ぜひ一読して頂ければ幸いです。

以下、目次となります。

なぜ、人生において不安を感じてしまうのか?その原因は?

人生において、不安を感じてしまう原因は様々挙げられます。

本項では、その中でも特に不安を感じやすい要因について、ピックアップして紹介していきます。ぜひ、参考にして頂ければ幸いです。

1:周りと比べて劣等感を感じてしまうから

人が不安を感じるとき、それは周りと比べて自分が劣っていたり、周りと自分が違うと感じるときなどが挙げられます。

たとえば、仕事の場合、「友人と比べて給料が少ない」、「給料が稼げない自分は劣っている」と考えたとします。その際に、相手の境遇と自身の境遇を比較してしまい、未来に対して悲観的になり、人生に対して大きな不安を感じてしまうのです。

このように、不安は他者がいることで生まれます。とりわけ、人は他者と自分を比較しがちで、そこに生じる差異について、敏感に反応しがちです。

特に劣等感を感じやすい人ほど、他者との比較により、人生を不安視してしまう傾向があります。

世界中にあなた一人しかいない場合、あなたは自身の人生に対して、大きな不安を感じることはないはずです。

2:否定的な言葉ばかりを発しているから

人を取り巻く世界は、その人が心の中で思ったことや言葉にして口にしたことが、現実に起こる世界です。

それはまるで静かな湖に小石が投げ込まれた時、波紋が広がるような現象であり、引き寄せの法則とも言われます。

そのため、人生を不安に思って悲観したり、「不安で仕方ない!」と常日頃、発言していたとすれば、その通り、不安だらけの人生になります。

ネガティブな言葉が、さらに不安を招くため、注意しましょう。

3:心が疲れてしまったから

心が疲れてしまうと、人生の不安を感じやすくなってしまい、あらゆることを悲観しがちになります。

心が疲れてしまう原因は、人により様々ありますが、例えば、肉体的な疲労が蓄積されている場合、それに合わさり精神的な疲労も高まります。

以下のエントリーに心が疲れている方の原因や対処法をまとめているため、心の疲れから人生の不安を感じている方は、ぜひ参考にしてみましょう!

4:孤独で寂しい気持ちが強まっているから

色々な人に囲まれて、友人関係が満たされている方であれば、人生において不安を感じることはありません。

なぜなら、頼れる人が近くにいることは、大きな心の安定をもたらすからです。

逆に、親しい人がおらず、孤独で寂しい気持ちを常に抱えている人は、些細なことにおいても不安を感じてしまい、人生をネガティブに捉えがちになります。

孤独で寂しい人の特徴や対処法については、以下の記事でもまとめているため、ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

人生が不安な方に送る対処法!

人生が不安だと感じる方に向けて、私自身の体験から、有効な対処法を紹介していきます。

ぜひ、実行してみて、自分に合った方法を見つけて頂ければ幸いです。

1:過去の成功した体験を思い出して書き出してみる

人生が不安で仕方がない方は、過去の成功した体験を、どんなに些細なことでも良いので挙げてみて、書き出してみて下さい。

人生が不安になってしまうのは、上記した様に様々な原因が挙げられますが、その内の一つとして、自分に自信がなくなって不安で仕方なくなってしまうのことが挙げられます。

そのため、自分への自信を取り戻すために、何でも良いので過去に成功した体験を思い出してみましょう。

どうしても買って欲しいオモチャがあり、母親に必死に欲しい理由をプレゼンし、見事買ってもらえた経験や、小学生の頃、プールの授業を一回も休まなかった体験など、些細なことでも良いです。

そのような体験をできるだけ多く挙げ、書き出してみて、是非自分への自信を取り戻してみてください。そうすれば、自然と人生への不安は和らぐでしょう。

2:当たり前の毎日を重ねてみる

特別に何かを始めなくても、毎日仕事をし、毎日ご飯を食べる。そしてお風呂に入ってよく寝る。そんな当たり前のことをきちんと積み重ねることで、人生の不安が薄れ、充実感を得られるようになります。

なぜなら、日々やらなければいけないことを丁寧に積み重ねることによって、仕事がうまくいき、人間関係も順調になり、その相乗効果により、人生も上手くいくようになるからです。

日々の生活の当たり前を丁寧に積み重ねてみて下さい!

3:不安な事を全て紙に書き出すて燃やす

自分の不安な気持ちを、そのまま一度紙に書き出してみましょう。

あなたしか読まない文章なので、ちゃんとした文章になっていなくても問題ありません。

自分の不安な気持ちを思うままに形にしてみると、同じ事を何度も繰り返していたり、筆圧が濃くなったりする部分が目に見えてわかり、一体何が自分にとって人生において一番不安に感じている事なのかが、自然と浮き上がってきます。

そして、その不安について考えた事の詳細を更に書き続けていきます。不安というものは漠然とした感情なので、こうして文章にしていくことで自然と気持ちの整理がつき、何が不安なのかが具体的にわかってくると、気持ちが非常に軽くなるものです。

そして、その書いた紙をビリビリに破くなり、燃やすなりしてしまいましょう。視覚的に「不安」を消すことですっきりします。

4:アファメーションを実践する

アファメーションとは英語で断言とか肯定を意味します。肯定的に断言された言葉を毎日思い浮かべることで、思考回路をポジティブに変えていく方法です。

まずポジティブな言葉や短い文を30個ほどカードに書き出します。トランプのような小さなカードで構いません。好きな絵柄のカードやハガキならより癒されるでしょう。

書き出す文章は、否定的な言葉ではなく、肯定的ですでに実現しているように書くことがポイントです。

例えば、「私は貧乏にならない」(否定)ではなく、「私は〇〇(好きなこと)で稼いで、お金持ちになっている」というように、断言した形で書きましょう。

そして、朝起きたら、真っ先にカードを1枚選び、朝食時や身支度を整えている間に、その言葉を頭の中で繰り返します。これは、声に出しても構いません。

1日1ワードを目標に、肯定的な言葉を体になじませていくことで、次第に思考が前向きに変わっていきます。

アファメーションの言葉については本も出ていますし、あらかじめ言葉が書かれたカードも発売されています。

5:整理整頓(断捨離)して気持ちを整える

近年、断捨離ブームが続いています。不要なものを捨てて整理整頓することは、単に物を減らすのではなく、気持ちまですっきりとさせてくれます。

疲れて部屋に帰ってきても、部屋がぐちゃぐちゃでは、疲れも取れず、気持ちも暗くなりがちです。

何となく買ってしまったものを処分することで、部屋もすっきりして、人生まで見通しが明るくなったように感じられ、不安もいくらかは軽減するでしょう。

物をたくさん持っていることが、豊かな生活に繋がるわけではありません。

6:ブログを書いて気持ちを整える

人生で感じる不安の、8割は実現しないと言われています。

つまり、不安を感じすぎてしまう方は、まだ起こっていない未来の出来事まで思いを馳せて、心配しすぎているということです。

そこで、今の自分の立ち位置を文章にして、ブログに書き出し、整理してみましょう!

ブログであればパスワードをかけることもできますし、非公開の設定にすれば誰にも見られることはありません。

誤字脱字やひどい愚痴であっても問題ありません。今の気持ちを素直に文章に表すことができれば、心配の種でいっぱいになってしまった心に少し余裕が生まれるはずです!

気持ちを全部吐き出せる場所をネット上に一つ持っておけば、それは大きな心の拠り所になります!

7:自分の趣味を見つけてみる

人生が不安でいっぱいな方は、自分の趣味を見つけてみましょう!

何かに全力で打ち込むことで、頭の中から、不安な気持ちを追い出すことができます。

仕事の前に30分ランニングをするとか、コーラスのサークルに入るとか、料理に挑戦するとか、趣味の内容自体は何でも問題ありません。

もし、趣味がない方は、まずは、自分に一番合った趣味を探すことに取り組んでみましょう!

自分一人でも楽しめる趣味はたくさんあります。ぜひ積極的に探してみましょう!

8:旅行に出て気分転換する

住み慣れた家や会社から思い切って離れて、旅行をしてみましょう!

人生が不安で仕方がない時は、そのことばかりを考えてしまい、ますます不安になるスパイラルに陥っています。

そのような時は場所を移動して、きれいな景色を見たり、おいしい食べ物を食べたりして、新鮮な刺激の中に自分を置き、不安の日々で忘れてしまった五感を満たして下さい。

旅先で出会った宿の主人と話して、自分が不安に思っている事の小ささに気づくかもしれません。また、新しい角度から見直して、不安だと感じていたことが実は大きなチャンスに変わるかもしれません。

このように、自分の世界を広げ、置かれた状況を新しい視点で見直すことができる旅行は、不安の対処方法としてとても有効です。

人生が不安な方に知ってもらいたいこと!

人生が不安で、ネガティブな感情に押しつぶされてしまいそうだと感じている方に向けて、知ってもらいたいことが幾つかあります。

ぜひ、以下の事項について、目を通して頂ければ幸いです。

1:不安なのはみんな同じである

人生が大きな不安を感じている人は、そのような大きな不安を抱えているのは、自分だけなのではないかと、思ってしまいがちです。

しかし実際は、他の人もあなたと同様に不安を抱えており、苦しい人生を必死に生きています。

人は、誰もが自分の人生に対して不安で仕方がないのです。

人生、何が起こるか分かりません。今は良くても、この先どんな不幸が待ち構えているかもしれません。また、いつまで生きられるのかも分かりません。

そのようなネガティブな考えを、他の人も持っていると実感出来れば、あなたの暗い気持ちにも、少しは光が指すはずです。

「ひとりぼっちではない」と心から思えれば随分楽になりますよ!

2:明けない夜はない

人生が上手くいかず、不安が募ってしまうと、それが延々に続くのではないかと錯覚に陥ってしまいます。

しかし、「明けない夜はない」という言葉の通り、嫌なことは長続きはせず、必ずその後には良いことが起こります。

ずっと夜が続くことはありません。ぜひその前提を心に留めておきましょう。

まとめ

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

人生が不安な方に向けて、様々な対処法を記載していきました。

この中に一つでも、あなたの人生における不安を払拭する方法が見つかれば、これ以上嬉しいことはありません。

あなたの、人生が光り輝くことを願って。

 

他、メンタル関連の記事はこちらです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です